シェアする

Twitterトレンドの見方と過去へ遡る方法トラブル対処策

※ おことわり

記事作成当時の状況と現状が異なる場合があり、必ずしもこの記事の内容が反映されるとは限りません。

Twiterトレンド

Twitter内で流行っている情報をいち早く見つけるのに役立つのが「トレンド」機能。

何気にニュースがわりに見たり、場所で違ったりするのでいろいろ面白い情報が見つけられます。

今回はこの「トレンド」機能について使い方を解説します。



スポンサーリンク

Twitterトレンドの見方と過去へ遡るやり方とトラブル対処

「トレンド」機能にはTwitter公式版と外部サービス等を利用する方法があります。

まずは基本的な公式アプリでの使い方から、トラブルが起きた時の対処法をみていきたいとおもいます。

Twitterトレンドの見方

この「トレンド」機能ですが、設定の仕方で表示のされ方がイロイロ違ってきます。

慣れてきたら、自分流にアレンジしてみてね!

ちなみにTwitterトレンド機能の主な表示内容はこんな感じです。

【Twitterトレンドの表示内容】

  • 「Twitterのタイムライン上で使用頻度が高く、短時間で急上昇した話題性の高いワード」が表示される
  • 公式アプリでは一度に20件まで表示
    ※うち1件はプロモーション(広告)
  • 地域・時間帯などで表示のされ方が違う
  • 自分がフォローしているアカウントと似通った話題を拾ってくる

これらをふまえて、さっそく使ってみましょう!

…といっても、かなり簡単です。

Twiterトレンド1

Twitterを立ち上げたら、画面最下部の「虫眼鏡」マークをタップするだけ。

画面を下にスクロールしていくと、最後に「カテゴリー」があってニュース・スポーツ・エンタメなどいろいろリコメンドしてくれます。

それにしても、台風の名前ってテキトーですよね…

Twitterトレンドの過去を見る方法

Twitter公式サービスでは、過去のトレンドは残念ながら見る事ができません。

ですが、外部サービスを使えば、ある程度遡って見る事ができるので一度使ってみて、あなたにとって使い勝手の良いものを見つけて利用してみてください。

【Twitterトレンド外部表示サービス】

同じTwitter内での話題を提供するサービスで、独自のサービスをしているところがいくつかあります。

  • TwTimez
    ツイートの拡散の勢いを見る事ができる。

  • ついっぷるトレンド
    「いま・今日・昨日・今週・今月・今年」などから時系列を選んでトレンドをチェックできる。カテゴリーも豊富。

  • togetter
    本来はまとめサービスですが、何気にランキング機能があります。
    リアルタイム・24時間から選べます。

タップはよく下の2つを使っています。



スポンサーリンク

Twitterトレンドが見れない変わらない時の対処法

Twitterって、実は各アプリにサーバー情報を閲覧させるためのソフトウェアです。

実際はサーバーに情報があるので、そこへアクセスすることでいろんなツイートやトレンド情報を見る事ができるようにしています。

そんなアプリだからこそ、特有のトラブルが発生します。

もしTwitterトレンドにトラブルが発生したときに、何をすればいいのか?

について考えられるだけの対処法を考えてみました。

【Twitterトレンドがおかしくなった時の対処法】

  • Twitterアプリの設定をオン⇔オフを繰り返してみる
    1.「トレンド」表示画面の上部にある「歯車」マークをタップ
    2.「おすすめトレンド」のスイッチをタップしてオン・オフをしてみる
    Twiterトレンド2
    3.「場所を変更」を「日本」以外の国へ一旦設定変更後、もう一度日本へ戻す。

  • Twitterのデータカスタマイズスイッチをオン/オフしてみる
    1.アイコン(人型)をタップ
    2.「設定とプライバシー」>「プライバシーとセキュリティ」>「カスタマイズとデータ」へと移動する。
    3.一番上から順番に1こづつスイッチをオン/オフしながら様子を見てみる。
  • Twitterの位置情報をオン/オフする
    1.アイコン(人型)をタップ
    2.「設定とプライバシー」>「プライバシーとセキュリティ」>「位置情報」>「正確な位置情報」のスイッチをオン/オフしてみる
  • 更新されない1→画面をタップしたまま下にスクロールして離す
  • 更新されない2→アプリではなくWebブラウザーで開いてみる
  • アプリのキャッシュをクリアする
    【iPhone】
    Twitterのアイコン(人型)>「設定とプライバシー」>「基本設定」の「データ利用の設定」>「ストレージ」欄を表示する。

    1. 「ストレージ」欄から「メディアストレージ」>「メディアストレージを削除」をタップする
      Twitterキャッシュ ↓
      Twitterキャッシュ2
      先ほどの「ストレージ」のページに戻って「ウェブサイトストレージ」>「すべてのウェブサイトストレージを削除」をタップします。
      Twitterキャッシュ3※Twitterから特定のWebページへアクセすることがよくある人は、クッキーまで削除されると面倒くさいので、直ぐ上の「ウェブページストレージを削除」を選んでください。【AndroidでTwitterアプリのキャッシュをクリアする方法】
      「設定」アプリ>「アプリ」>「Twitter」>「キャッシュを消去」

    これで解決しない場合、スマホの端末に問題がある可能性もあります。

  • スマホの電源オフ→オンを試す
  • スマホの充電をしてみる
  • スマホOSの再起動(端末によって操作方法に違いあり)
  • Twitterアプリのアップデートの可能性
  • Twitterアプリの削除→再インストール
  • スマホOSのアップデートの可能性

その他にも試してほしい、トラブル解決法はこちらを参考にしてみてね!

⇒ 「Twitterの画像が表示されないトラブルの解決策」をチェック!



スポンサーリンク

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

シェアする

フォローする