シェアする

Twitterでツイート削除できない時の対処法と特別なやり方

※ おことわり

記事作成当時の状況と現状が異なる場合があり、必ずしもこの記事の内容が反映されるとは限りません。

Twitterツイート削除

Twitterは常に進化しているアプリで、変化に伴って操作方法まで変ってきました。

中でも「ツイートが削除できなくなった」と困っている人もいるようです。

でも実際は「削除する機能」はあるのに、出し方が分からなくなっているだけの場合が多いです。

今回は最近のツイートの削除方法やトラブルについて解説します。



スポンサーリンク

Twitterのツイートが削除できないと思った時の操作のやり方

使い慣れていた方法がイキナリ変わるのは、本当に困ったもんですよね。

マークとか操作方法事態が変わっても、大事な機能はいつまでものこさえているはずなので、まずはいろいろ触ってメニューを出すことを考えて見ると解決できます。

Twitterのツイート削除方法【基本】

まずは基本の通常ツイートの削除方法から見てきましょう。

iPhone版Twitter通常ツイートの削除のやり方

まずはiPhoneでのやり方から。

  1. アプリを起動したら2回アイコン(人型)をタップ>自分のツイート画面へ移動する。
    Twitterツイート削除
  2. 削除したいツイートを表示させ、ツイート右上にある「V」をタップ
  3. 画面下部からメニューが出てくるので、「ツイートを削除」をタップする。
  4. 「ツイートを削除」と出たら「削除」をタップ

特に表示も通知もされずに「削除」が実行されます。

次はAndroidでのやり方を解説です。

Android版Twitter通常ツイートの削除のやり方

  1. (iPhone版の「2.」までと同じ)画面右上にあるタテに「…」をタップ
  2. メニューが出てくるので、「削除」をタップする。

削除完了です。



スポンサーリンク

Twitterで削除したツイートはどうなるの?

もしツイートを削除すると次の事がわかっています。

  • ツイートを削除すると、そのツイートはあなたのアカウントやあなたをフォローしているアカウントのタイムラインのほか、twitter.com、Twitter for iOS、Twitter for AndroidのTwitter検索結果からも削除されます。
  • 削除したツイートのリツイートも、twitter.com、Twitter for iOS、Twitter for Androidから削除されます。
  • ただし、他のアカウントがそのツイートの一部または全文をコピーして自身のツイートに貼り付けていた場合、そのアカウントのツイートは削除されません。
  • また、そのツイートを他のアカウントが自身のコメント付きでリツイートしていた場合、そのアカウントのツイートは削除されません。
  • ツイートはサードパーティーのウェブサイト、アプリケーション、または検索エンジンでキャッシュが表示されたり、コピーが投稿されていたりする場合があります。twitter.com、Twitter for iOS、Twitter for Android上にないツイートは、Twitterからの操作では削除できません。

出典:https://help.twitter.com/ja/using-twitter/delete-tweets

一部、削除されないケースもありますね。

この場合は、リツイートをしたアカウントの持ち主にお願いして「削除依頼」する必要があります。

Twitterのリツイートが削除できない場合の対処法

「削除」関連で自分でしたリツイートが削除できないことがたまにあります。

普段ならリツイートボタンをタップすれば、「リツイートを取り消しますか?」と出て、すぐに削除できるのに…。

この場合はいくつか問題が考えれますので、それぞれ対処方法が違ってきます。

Twitterアプリのキャッシュ機能が原因でリツイートが削除できない

Twitterアプリにはあらかじめそれまでに表示してあるツイートなどのデータを溜め込む機能(キャッシュ)があります。

これが何かしらのトラブルを抱えていて、削除の操作に悪影響を及ぼすことがあります。

そんな時は「キャッシュの削除」操作を行なえば解決できます。

Twitterのキャッシュを削除する方法

Twitterはアプリでサーバーとやり取りしながら、その状況を表示するアプリです。

そのアプリで扱うデータの一つにCookie(クッキー)があります。

今回は公式Twitterアプリを使ってクッキーを元に戻す操作方法を解説します。

  1. Twitterのアイコン(人型)>「設定とプライバシー」>「基本設定」の「データ利用の設定」>「ストレージ」欄を表示する。
  2. 「ストレージ」欄から「メディアストレージ」>「メディアストレージを削除」をタップする

    Twitterキャッシュ

    Twitterキャッシュ2

    先ほどの「ストレージ」のページに戻って「ウェブサイトストレージ」>「すべてのウェブサイトストレージを削除」をタップします。

    Twitterキャッシュ3

    ※Twitterから特定のWebページへアクセすることがよくある人は、クッキーまで削除されると面倒くさいので、直ぐ上の「ウェブページストレージを削除」を選んでください。

  3. 【AndroidでTwitterアプリのキャッシュをクリアする方法】 「設定」アプリ>「アプリ」>「Twitter」>「キャッシュを消去」

一旦キャッシュとしてアプリが溜めているデータを削除すると、データが空っぽの状態から次の操作ができるので、正常運転に戻せます。

Twitterで自分がした過去のリツイートをゴリ押しで削除する方法

上の操作を行なえば、たいていのトラブルは解決できるはずです。

ところがそれでもシツコク残り続けるリツイートがある場合があります…。

こんな時は次の方法でゴリ押し削除を試してみます。

【Twitterの過去リツイートをゴリ押し削除するやり方】

準備するもの:パソコン、テキストファイルを構造表示できるソフト(Terapadなど)、Twitterの社外クライアントアプリ

  1. Twitterから全ツイート履歴をダウンロードする。
    「設定とプライバシー」>「ユーザー情報」欄の最下部にある「全ツイート履歴」からダウンロードする。Zipファイルでデータが届く。
  2. 届いたデータをTerapadなどで開いて、削除したいリツイート情報を検索表示する。
  3. 自分でリツイートしたツイートの固有IDを見つける。
  4. 以下のURLを社外Twitterクライアントアプリで開く。
    「https://twitter.com/ユーザー名/status/固有ID/」
    ※公式TwitterアプリやWeb版で開くとリツイート元が表示されて、上手く操作できません。
  5. 通常の削除方法で削除実行する。

これでシツコク表示されているリツイートを消す事ができるはずです。

同じ要領で、なぜか消せない通常ツイートも消せると思います。



スポンサーリンク

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

シェアする

フォローする