シェアする

Twitterでモーメントが見れない場合にやる対処法

※ おことわり

記事作成当時の状況と現状が異なる場合があり、必ずしもこの記事の内容が反映されるとは限りません。

twitterモーメント

Twitterのモーメントが見られないトラブルが発生することがあります。

この症状はスマホならではのトラブルで、改善方法にはいくつかパターンがあります。

症状別トラブル解決策を覚えておいて、サクッとモーメントを表示しちゃいましょう!



スポンサーリンク

Twitterモーメントが見れない時の対処法

スマホは常に移動しながら使用するために、結構トラブルに出くわす確立が他のネット環境と比べて断トツに多いです。

その特性を知っていれば、落ち着いて手順を試すだけでトラブル解決できるはずです。

Twitterのモーメントが見れない不具合の原因と対処法

スマホや電波、サーバーなどTwitterを取り巻く環境はたくさんあります。

その環境の1つか複数のトラブルが重なってモーメントの表示に影響している場合があります。

Twittterモーメントが途中で表示されなくなった場合

この場合、データ通信が途中で途切れてしまったことが考えられます。

もう一度、データ読み込みをすればちゃんと表示されるようになるはずです。

  1. Twitterを起動後、「もっと探す」タブをタップ→「トレンド」画面が表示されたら画面を下にスクロールして「今日のモーメント」を表示する。
  2. 次に「さらに表示」を選択して他のニュースやモーメントを表示する。
  3. 「今日のモーメント」の最下部にある「すべて表示(全てのモーメント)」、「ニュース」、「スポーツ」、「エンタメ」、「ユーモア」などが表示されれていたら正常にデータ受信できた証拠。

これらを何度か繰り返せば、軽い症状の場合すぐにモーメントが表示できるようになるはずです。

Twitterで「モーメントは現在ご利用いただけません」と表示された場合の対処方法

こちらもデータ通信のトラブルが原因で、上手く表示ができなかったパターンです。

こんな時にも焦らず次の事をやってみてください。

  • 「機内モード」をオン/オフを繰り返して、電波受信をリフレッシュする
  • 「Wi-Fi」から接続している無線LAN・Wi-Fiスポット以外の別の接続先に切り替えてみる
「このモーメントは、不適切な内容が含まれている可能性があるため表示できません」と出た時に設定変更で表示するやり方

Twitterが未成年やユーザーが不快に感じるようなモーメントの表示を、あらかじめ非表示にするように自動で設定できる機能があります。

コノ機能を「自己責任」のもと、オフにしてあげれば非表示化されたモーメントが見れるようになります。

【Twitterアプリから設定変更する場合】

まずはエラーの出ているモーメントを表示した状態からはじめます。

  1. エラーの出たモーメント内のツイートをタップ
  2. 「設定を変更」ボタンが出てきたらタップ
    →この時「ログイン画面」に飛ばされたら、自分のアカウントでログインする。
  3. 「プライバシーとセキュリティ」の設定画面が出たら、「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」にチェックを入れる。
  4. Twitterアプリを起動しなおす。

【Web版Twitterで設定変更する場合】

モバイル版(スマホなど)で設定変更しても、表示が上手く行かない場合はWeb版から設定を変更すると表示されるようになります。

  1. Twitter公式サイトにアクセス後、問題のあったアカウントでログインする。
  2. 自分のアイコン(人型)をタップ>「設定メニュー」を表示後に、「設定とプライバシー」をタップ。
  3. 「プライバシーとセキュリティ」>「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」にチェックを入れる。

ここまでやっても上手く表示がされない場合は、一度アカウントをログアウトさせて再度ログインする動作を何度か繰り返してみてください。

スマホの電波強度を正常に保った後でTwitter通知機能を確認する

先ほど「データ通信が途中で途切れた…」と書きましたが、スマホでTwitterをしていると、今いる場所が実は電波が通りづらい場所にいる可能性があります。

まずは安心して通信が可能な場所へ移動したり時にはモバイル通信からWi-Fi通信へ、電波の送受信方法を切り替えるなど、安定した電波受信状況を作った上で次のステップを試してくださいね。

TwitterのモーメントはTwitter社のサーバーとやり取りして、アプリで表示しているのでデータ通信が上手くいかない場合、表示も上手くできない事があります。

通知機能がトラブってるTwitterアカウント宛に自演通知を送ってみる

別にサブアカウントを持っている人ならできる事なんですが、Twitterのプッシュ通知機能を使って、データ送信を促すことで通信状態が良くなる事を利用します。

モーメントが表示されないアカウントに向けて、別のアカウントからDMやいいねを送信して通知を強制的に送ることでなぜかモーメントが正常復活することがあります。

【Twitterで自演通知をする方法】

  1. 表示がおかしいアカウントとは別のアカウントに切り替える
  2. 表示がおかしいアカウントへ向けて通知送信する →いいね、DMなど何でもOK
  3. 表示がおかしいアカウントに切り替えて通知を確認する。

Twitterアプリの調子が悪い場合1

Twitterはサービス自体よくトラブルんですが、アプリも頻繁に調子が狂います。(汗

もしモーメントの表示がされないときは、一旦アプリを終了させてもう一度タップで起動してみてください。

軽い症状の場合は、たいていこれで安定化します。

Twitterアプリの調子が悪い場合2

Twitterアカウントへのログイン/ログオフを試すのも手です。

何が原因なのかはわかりませんが、一旦アプリやWeb版Twitterからアカウントの利用を停止(ログオフ)することで、調子を取り戻すことがよくあります。

【ちょっと重症?】Twitterアプリを再インストール

アプリの再起動で調子を取り戻さないときは、まずアップデートのタイミングではないかを疑ってから次のステップへ移ります。

実は最新版Twitterにアップデートしないと、Twitterサーバーとの連携が上手くいかない場合ってあるんです。

で、…それでもダメだった場合に、アプリをアンインストール(削除)して、再インストールする方法へ移ります。

Twitterを使ってるスマホの調子が悪い

スマホによってはOSや機械自体の不具合などで、アプリの動作に悪影響を与えているものもあります。

調子を取り戻す方法はいくつかありますので、順番に試してみましょう!

【スマホの調子を取り戻すためにやってみる事】

  1. スマホの電源再投入(電源OFFからONする)
  2. スマホのOS再起動(端末によってやり方が様々)
  3. スマホのキャッシュをクリアする(端末によってやり方が様々)
  4. スマホの粗熱を取る(冷やす) →急激に冷やすと内部に結露が発生して最悪クラッシュするので、ゆっくり空冷で冷やすのをオススメ!
  5. スマホ内部の不要なデータを削除 →作業領域が狭くて上手く反応できない場合もある。

携帯会社の通信規制を受けた

いわゆる「速度制限」は、月間や一日単位でデータ使用量を決めている契約なのでこれをオーバーすると規制を受けて一時的に速度が遅くなりますよね。

こんな時は各携帯会社の通信容量を追加購入すれば、また速い速度でTwitterを楽しめるし画像も素早く表示する事ができるようになります。

もしくわ速度規制のない携帯会社に契約をスイッチするのも手ですね。

基本的にSNS系アプリを使っても容量規制に引っかからないタイプのSIMを使うことで、携帯の電池がもつ限りいつまでもTwitterし放題です!

⇒ 「TwitterやLINEがデータ消費ゼロで月額500円~!」をチェック!

ちなみにこのSIMを使うと主要SNS(LINE、Twitter、Facebook、Instagram)のデータ通信料がカウントフリーで使い放題です。



スポンサーリンク

インターネットの大規模障害の可能性を疑う

Twitterはインターネットの1つの検索結果に過ぎません。

もしかすると、大規模なネットの障害が起きていてTwitterもあおりを受けている可能性があります。

何をやってもダメで、諦めかけたとき。

最後はインターネットの大規模障害を疑って、情報収集をしてみましょう。

⇒ Twitterのトラブルを知るためのサイト「ダウンディテクター」をチェック



スポンサーリンク

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

シェアする

フォローする