シェアする

Twitterで予約投稿する方法と機能豊富で便利なサービス6選

※ おことわり

記事作成当時の状況と現状が異なる場合があり、必ずしもこの記事の内容が反映されるとは限りません。

Twitter予約投稿

Twitterで予約投稿できれば、何かと都合がいいときがあります。

メンション機能を使って誰かの誕生日に「おめでと」ツイートしたり、イベントの告知を事前に仕込んでおく事だってできます。



スポンサーリンク

Twitterで予約投稿を使う方法と機能無制限のアプリ

Twitterで予約ツイートを投稿するには、一番手っ取り早い方法として外部のWebサービスやアプリを使う方法が良いと思います。

今回は外部Webサービスツールを中心に使い方を解説します。

Twitter公式ツールで予約投稿ができる

Twitter公式ツールでも予約投稿は出来ます。

通常ツイートはもちろん、画像や動画の予約投稿もできるんですが、「広告用サービス」へ申し込みしないといけなくて、そこでクレジット情報の登録」をしなくてはいけません。

ただでさえハッキングなどがしょっちゅう起きてるSNSで、クレジット情報を登録するなんて考えられません。

一応、公式ページでこのように案内されているので知りたい人は見てね。

⇒ 「Twitter公式予約投稿ツイート」について

Twitterで予約投稿を無料で定期的にする方法

Twitterに予約投稿するWebサービスツールはいくつもあります。

【Twitter予約投稿Webサービスツール一覧】

  • SocialDog
    動画の予約投稿は非対応
  • Twit Delay
    予約投稿専用の連携サービス、画像・動画投稿は非対応
    日付指定がやりやすい。
  • つぶやきデスク
    予約投稿は無料、画像や動画を投稿する場合は有料、細かく投稿設定が出来る。
  • Buffer
    全て英語表記、Chromeの拡張機能と連携して予約投稿が出来るのが便利。無料版で1日10件まで
  • Tweet Deck
    Twitter社公式オススメアプリ、英語表記、設定済複数アカウントから同時にツイートができる
  • Hootsuite
    iPhone/Android共通で使えるアプリ、予約投稿が無制限、日付指定がメンドイ(Web版はわかりやすく簡単に出来る)

一通り覗いてみて、自分の使い方に一番マッチするサービスやアプリを使えばいいと思いますが、今回は「Hootsuite」を使って予約投稿をしてみたいと思います。

Twitter予約投稿アプリ「Hootsuite」

こちらのアプリはiPhone/Android共通で使えて、多機能なのが特徴です。

【Hootsuiteでできる事】

  • 無制限で予約投稿が出来る
  • 1予約につき動画1本・画像4枚まで貼れる
  • アプリ内で250文字まで入力できる
  • アプリの通知スリープタイマー設定が出来る(23:00~07:00まで通知オフなど)
  • アプリが自動で予約投稿をしてくれる機能がある
  • 複数アカウントで予約投稿が出来る
  • 他のSNSへも同時予約投稿が出来る(無料:3つ、有料:50のアカウントを同時投稿できる)
  • 対応SNS投稿はTwitter、Facebook、Linkedln、Instagram、YouTube
  • 短縮URLをボタン1つで作成できる
  • 投稿前ならツイートを編集が出来る
  • Web版でより細かい設定が出来る
    SNS統計情報の表示(公式アナリティクスよりは劣る)

「Hootsuite」でTwitterへ予約投稿するやり方

アプリをインストールした後に表示される画面から「はじめる」か「skip」をタップして、初期設定を始めていきます。

【「Hootsuite」の初期設定】

今回はTwitterアカウントを使ってサインイン・連携します。

  1. サインインする。
    IMG_2463
    ※TwitterかFacebookかGoogleアカウントか独自メールアドレスを登録・アプリの使用が出来る。
  2. Twitterアカウントでアプリの連携認証をする。
    IMG_2464
  3. 「Hootsuite」起動画面が表示される。
    ※はじめて起動した時に画面上部にいろいろ出てますが、下にある「Got it」をタップして消せます。



スポンサーリンク

【「Hootsuite」で予約投稿するやり方】

  1. 起動画面の最下部にある「ペン」マークをタップ
    IMG_2466
  2. 予約投稿したいSNSを選んでタップ、チェックマークをつける
    IMG_2467※連携するSNSを登録しておかないと表示されません。
    チェックマークをつけたら画面右上にある「完了」をタップ
  3. ①ツイート書き込み欄に記入後、画面右上②「次へ」をタップ
    IMG_2468
  4. 画面下部から③「予約投稿をカスタマイズ」と出るのでタップする
  5. twitterへの投稿日時・時間を予約指定する。
    IMG_2469
    iPhoneと同じクルクル回して指定するタイプ…予約したい日が遠いとかなりメンドイ
  6. 予約完了
    IMG_2470

完了した予約を確認するときは、画面下部の「飛行機」マークをタップした後で、画面上部の「送信予定」タブをタップすれば一覧表示されます。

IMG_2471

わりと直感的に操作できるので、ほとんど説明もいらないと思います。

まずは触ってみて、テスト投稿してみて下さい。

「Hootsuite」のURL短縮機能をTwitterに貼る方法

予約投稿入力画面内の最下部にリンクマークに矢印がついているマークがあります。

このマークをタップする事で、表示されているURLが短縮されて表記されます。

  1. コメント記入欄にURLを貼り付ける
    IMG_2472
  2. 短縮URLボタンをタップ、自動でURLを認識して短縮してくれる。
    IMG_2473今回はURLが短いのであまり意味がありませんが、実際に長いURLを貼るときはかなり助かります。

「Hootsuite」アプリ上ではコメントが250文字まで入力できるとはいえ、文字数はなるべく節約したいですからね。

あとはコメントや位置情報・画像・動画など好きに編集して、投稿するだけです。

旅行などで留守を知られたくない人は、「Hootsuite」を使って、まとめて日付指定で後日に投稿するように設定しとけば、リアルタイムで投稿しても後から表示する事ができるので、気兼ねなく旅行記写メツイートし放題ですw



スポンサーリンク

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

シェアする

フォローする