シェアする

Twitterでミュートしたらバレる?ブロックとの違いを考察

※ おことわり

記事作成当時の状況と現状が異なる場合があり、必ずしもこの記事の内容が反映されるとは限りません。

Twitterでミュート

Twitterで見たくないツイートやタイムラインがゴチャゴチャしてきたら、整理する意味でも「ミュート」を使うと便利です。

今回は「ミュート」と「ブロック」の違いについても解説します。



スポンサーリンク

Twitterで「ミュート」したらどうなる?意味や使い分けについて

Twitterで使われる「ミュート」は、設定した相手ツイートを自分のタイムラインに表示しないようにする機能です。

「ブロック」とは明確に違って、相手に通知されたりしないのでゴチャつくタイムラインにはオススメです。

ちなみに「ブロック」との違いはこんな感じ…

【ミュートとブロックの違い】

ブロック ミュート
フォロー 解除される 解除なし
ツイート 見れない・見られない 変化なし
リプライ 送れない・見れない 変化なし
DM 送れない・見れない 変化なし
タイムライン 表示されない 表示されない
プロフィール ブロックの表示有り 変化なし

ブロックしても通知は行きませんが、相手のフォロワー一覧からブロックした人が非表示になるしタイムラインも表示されなくなるので気がつきます。

一番確実なのはブロックしてきた相手のプロフィールを覗きに行くとハッキリ「@〇〇〇さんにブロックされているためツイートを表示できません。」と表示されるのでバレちゃいます。

今度は実際にミュートするとどうなるか?を実際に確認してみましょう!

【Twitterでミュートするとどうなるか?】

  • 相手に「ミュートした」という通知は行かない
    ※実際に誰かを「ミュート」するとこんな感じになります。

    Twitterミュート1
    Twitterミュート2
  • ミュートを解除しても通知は行かない、表示もされない
  • ミュート後も相手からのリプライは届き返信もできる
  • ミュート後も相手からのDMは届き返信もできる

ひとまず、ミュートするとどうなるかはわかりましたね?

次は「ミュート」されている側からの視点で、気になることを調べてみました。

Twitterでミュートされてるかどうかの確認方法

以前はツールで相手からミュートされているかどうかを確認できる方法があったのですが、現在はTwitter側が対応したので通用しません。

なので…ここからは推測ですが、もし相手からミュートされている場合におきる現象からおおよその見当をつけることができます。

【Twitterでミュートされていると起きる事】

  • 相手から空リプ(@をつけずに自分宛てにツイート)がきたら、ミュート時は即反応できない
    理由 ⇒ ツイートが表示されないから。

例えば相手の誕生日やみんなが話題にしている事について空リプしても、即座に反応しないアカウントは、きっと「あ、たぶんミュートされてるかも…」くらいの推測は成り立ちそうです。

ただ普段からROM(読むだけ)アカウントとして使ってるなら、この結果だけでは見破れませんね。



スポンサーリンク

 
スポンサーリンク
Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

シェアする

フォローする