シェアする

Twitterを途中から非公開化すると見られ方はどう変るの?

※ おことわり

記事作成当時の状況と現状が異なる場合があり、必ずしもこの記事の内容が反映されるとは限りません。

twitter途中から鍵垢化

Twitterを自分の好き勝手なつぶやきで使いたい人にとって、一般へ公開するか非公開とするかって結構重要なポイントですよね。

特にTwitterアカウント開設の途中から「非公開化」に変更するのはドキドキです。

これまでにフォロワーになってくれた人達への影響が気になりますからね。



スポンサーリンク

Twitterを途中から非公開化すると見られ方はどう変化するのか?

今回はTwitterを使っている途中から「非公開」設定へ変更した場合、どんな影響が出るのかについて解説します。

【Twitterアカウントを途中から鍵垢にすると変化する事】

  • 非公開設定前のツイートは非公開の対象にならない:鍵設定前の過去のツイートは見れる
  • 非公開設定前にフォローしている人は、設定後もそのまま見られる
  • 非公開設定前からフォロワーになっているユーザーは、鍵をかけた後でも見れる
  • 非公開設定前のツイートは非公開の対象にならない:鍵設定前の過去のツイートは見れる
  • 鍵を設定する前のリプライは誰でも見ることができる
  • リツイート後、鍵設定してもそのリツイートは表示される
    ⇒個別に削除すればOK

こんな感じで、鍵をかける前と後とではいくらか違いが出てきます。

ポイントは、鍵をかける前からフォロワーになっているアカウントならツイート・リツイート・リプライについては、非公開の対象にならないという点です。

あくまでも「鍵」をかけた後でしたツイートに関しては、非公開になるという事です。

※以前からフォロワーだと見れる。

もし途中から鍵垢化して、特定のフォロワーに見られたくないのなら、個別に「ブロック」するしかありません。

たまに勘違いして、鍵さえかければ後からでも全てのツイートが見られなくなると思っている人もいるようですが違いますよー。

他にも鍵垢かすると変化することについて、詳しく解説していますのでこちらの記事も読んでみてね。

⇒ 「twitterを非公開するとフォローしてる人や特定のフォロワーは見れる?



スポンサーリンク

Twitterを一部非公開化する使い方

鍵垢にするほどではないけど、ある程度ツイートを見れる人を絞りたい。

このツイートだけ非公開化にしたいな…

パスワードを知っている人だけツイートを見れるようにしたい

そんなワガママに答えるツールがあります。

⇒ ぷらいべったー

Twitter連携サービスの一つで、アプリ認証を許可すると使えるようになるWebサービスです。

このサービスと連携して使えるようにしておけば、Twitterの標準機能にはない「1ツイートごとに見せる相手を指定する」ことができるようになります。

…と言っても、同じ「ぷらいべったー」使いの人には見えるんですけどねw

【「ぷらいべったー」の機能】

  • 公開範囲:全体公開・ログイン限定公開・フォロワー限定公開・相互フォロワー限定公開・リスト限定公開・非公開・パスワード付限定公開
    ⇒「非公開」は自分だけにしか見えない
  • リスト限定公開:自分が作成したリスト中で、特定のリストに含まれている人だけに見せることができる。
  • ツイートが一般検索(GoogleやYahoo!)には引っかからないようになる
  • ぷらいべったー内でツイートできる文字数が100,000文字と超増える!
  • 本文中のURLは自動でリンクに変る
  • 動画のURLを記述ルールに従って埋め込み、表示する事ができる。
  • ページ機能を追加できる
    ⇒1ページに概要を書いて、2ページ目から本文とか
  • 投稿済みツイートも後から編集可能
  • 記事投稿者の過去ツイート一覧が見れる
  • ツイートにパスワードをかけられる
  • 閲覧数表示・非表示化ができる
  • 自分がフォローしている人の投稿が一覧表示できる
  • 記事毎にコメントがつけられる、ただし140文字以内
  • DM機能あり(公開範囲設定が可能)

他にもいろいろありますが、Twitter本体とかぶるところが多いので省略です。

Twitterの中にプライベートコミュニティを持つような感覚で、ツイートの公開範囲を決められたり、自分メモや小説を書いたり公開する場として使っている人がいます。

アイディア次第でいろんな事に応用が利く、良Webサービスです。



スポンサーリンク

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

シェアする

フォローする