シェアする

Twitter投稿の動画を保存する外部サイト【Webサービス編】

※ おことわり

記事作成当時の状況と現状が異なる場合があり、必ずしもこの記事の内容が反映されるとは限りません。

twittersmoveie

Twitterに投稿できるコンテンツはいろいろありますが、中でも動画はけっこう楽しいのが沢山ありますよね?

でも何度も見返したりするのにイチイチTwitterへアクセするより、動画を直接保存しておいて楽しみたい時に見返せる方が何かと便利ですよね。

そんな時に知っていると使える便利な外部サービスを紹介します。



スポンサーリンク

Twitter内の動画を保存できる外部サービスの使い方

個人的にアプリで解決するより外部サービスを使う方が、ストレージの節約にもなるし不正アプリやセキュリティの問題で後々面倒になる事を予防できると思うのでオススメです。

ちょっとしたコツはいりますが、やり方さえわかればどんなサービスでも同じ操作でいけるので覚えておいて損はありませんよ。

Twitter動画を保存できる外部サービス

まずは保存したい動画のURLをゲットしておく必要があります。

動画のURLさえわかれば、各保存サービスの入力欄へコピペするだけで動画を保存することができます。

【Twitter動画のURL取得方法】

  1. 動画をタップ
  2. 再生中の動画の下部にあるアクションマーク(コの字に上矢印)をタップ
  3. 「その他の方法でツイートを共有」をタップ
  4. 「リンクをコピー」をタップ

これでスマホのクリップボードへURLがコピーされました。

次に外部サービスサイトへ移動します。

Twitterの動画を保存できる外部Webサービス

以下に外部サイトをいくつか紹介しますが、使い方は各サイトの説明を参照してください。

基本的には動画のURLさえあれば、コピペでイケルサービスばかりです。

【Twitter動画を保存できる外部サービス一覧】

  • Twitter動画ダウンローダー
    MP4で動画を保存できるサービス
  • Cyncer
    動画やgifアニメーションを保存できるサービス
  • Twi-douga
    Twitter以外のSNS(LINE・Instagram・Facebook)にも対応
  • Offliberty
    PC専用サイトですが、WebブラウザでアクセスしてURLを張付けて変換後ダウンロードできます。再生画面からアクションボタンを経由して「Dropbox」などへ保存することができます。

これら操作をしたからといって、投稿主にバレたりアカウントの停止に追い込まれたりといったペナルティはありませんので、安心してダウンロードしちゃってください。

Twitter動画をiPhoneのカメラロールに保存する方法

せっかく動画の変換が出来てもリンクから直接「ダウンロード」や「保存」ができないので、ここは別のアプリを経由して保存作業だけ先行します。

今回は上記外部サービスの「Cyncer」と定番の「Dropbox」を使ってダウンロードしてみます。

【Twitter動画をアプリ経由で保存する】

  1. 保存したい動画をタップして再生画面を出したら、画面下にある①アクションボタンをタップ
    IMG_2260②の「その他の方法でツイートを共有」をタップ
  2. 出てきたメニューから「リンクをコピー」をタップ
    IMG_2261画面左上にある「×」ボタンで再生画面を閉じます。
    次は各動画変換サービスで変換します。
  3. 今回は「Cyncer」を使ってみます。
    IMG_2256画面を下にスクロールして、動画変換用のURL貼付け窓を探してください。

    IMG_2257
  4. 動画を閲覧するためのURLが表示されたら、リンク部分をロングタップ(長押し)して、メニューから「新規タブで開く」をタップする
    IMG_2258
  5. 動画再生画面が開いたら、フルサイズで動画が再生されるので一時停止して、画面上の「×」ボタンをタップして画面端にメニューを表示させる。
  6. iPhoneメニューのアクションボタン(四角に上矢印)をタップ
    IMG_2263
  7. メニュー内から「Dropboxに保存」をタップ
  8. 「Dropboxに保存」のページへ移動するので、名前を編集したり保存先を変更するなど設定する。(ファイル名は「********.mp4」等とあるので、最後の.mp4部分は触らないこと。)
  9. 編集が終わったら画面右上にある「保存」をタップ

これでDropboxに一旦保存されます。

これは他のアプリも似たような操作なので、一旦アプリ経由で保存ができたら、次にiPhone端末へ保存します。

【DropboxからiPhoneへデータをダウンロードする】

  1. 保存したアプリを開いて、保存先を表示する。(今回はDropboxで説明)
  2. 動画ファイルの下にある丸に「…」をタップしてメニューを表示する。
    IMG_2255ボタンがかなり小さいのでタップしづらい…
  3. 出てきたメニューから「共有」をタップする
    IMG_2264
  4. するとiPhoneのアクションメニューが出てくるので、メニュー内から「動画を保存」をタップする。
    IMG_2265
  5. 自動でダウンロードが始まり「写真へ保存しました!」と表示されてカメラロール内に動画が保存される。

これでいつでもでこでも、電池のある限りTwitter動画を楽しむことができます。

経由のために使うアプリには「Clipbox」というのもありますが、ちょっと不安定だったりするので、使うなら「Dropbox」がオススメです。



スポンサーリンク

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

シェアする

フォローする