シェアする

インスタグラムでタグ付けするやり方と基本的なルール

※ おことわり

記事作成当時の状況と現状が異なる場合があり、必ずしもこの記事の内容が反映されるとは限りません。

instagram,tag

Instagramの独特な使い方として「タグ付け」がありますが、使い方がいまいちピンと来ていない人もいると思います。

今回は「タグ付け」の意味と使い方や削除方法について解説します。



スポンサーリンク

Instagramでタグ付けする意味とやり方や削除方法

「タグ付け」する意味は、もともとインターネット上で特定のキーワードと関連付けられたコンテンツが検索で引っかかりやすくするために編み出された機能です。

Twitterで使われ始めたのがきっかけで、お馴染みとなっています。

Instagramでコンテンツにユーザーをヒモ付けする「タグ付け」

Instagramでいう「タグ付け」は「ハッシュタグ=#(半角文字)」をコンテンツにヒモ付けて付けるやり方と、個別のコンテンツ内で特定の対象(人物や物・場所など移っているモノ)を指定して「タグ付け」して個別の対象に意味づけするやり方があります。

【タグ付けのイメージ】

dog

  • コンテンツ(画像)全体にタグ付け
  • コンテンツ内の個別の対象にタグ付け

こんな感じで「タグ付け」できます。

「タグ付け」できる個別の対象はInstagramのユーザーネーム(実在のユーザー)だけとなっていて、自分で好き勝手にキーワードを入力することは出来ません。

実際の投稿コンテンツを見るとどんな風にタグ付けされているのか分かりやすいと思います。

【個別の対象にタグ付けされた例】

IMG_2110タグ付けされているとコンテンツ内にタグ付けマークが表示される。

 ↓

IMG_2108

それぞれの対象に黒い「吹きだし」マークがついて、誰とヒモ付けれられているのかが表示されています。

そのユーザーネームをタップすると、相手のプロフィール画面が表示されてつながりのきっかけとなるという仕組みです。

インスタグラムのコンテンツにタグ付けするやり方

投稿するコンテンツに他のユーザーをヒモ付けて紹介したいときに、タグ付けします。

  1. タグ付けしたいコンテンツを表示する。
  2. ユーザーネームの右にある「…」⇒「編集する」をタップ
  3. コンテンツ左下隅に「タグ付けする」と出るので、そこをタップ
    IMG_2111
  4. 表示されたコンテンツ内でタグを付けたい場所をタップする。
  5. 関連付けたいユーザーを検索画面で探してタップする。
    ※ 検索窓にユーザーネームを入力して探します。
  6. 画面右上にある「完了」をタップで終了。
インスタグラムでタグ付けしたラベルの位置調整方法

タグ付けされたコンテンツを表示して、ラベルをロングタップ(長押し)しながら位置をずらしていきます。

指を離せばそこで固定されます。

また動かしたいときは、ロングタップしながらラベルをずらして調整します。

※ ラベル位置調整が出来るのは自分が所有しているコンテンツだけです。

インスタグラムのタグ付けは非公開アカウントにも有効

ユーザーネームは非公開設定にしていても検索できるので、フォローしていなくても表示できるしタグ付けもできるようになっています。

もし相手が「非公開設定」中のアカウントの場合は、あなたがフォローワー承認されていなければコンテンツを見ることはできません。

インスタグラムでタグ付けされると通知がくる

もしあなたが移っている投稿に誰かがタグ付けすると、こちらへ通知がきます。

逆も同じで、通知されたくない場合は「タグ付け」をあえてしない方がいいですね。

 
スポンサーリンク
あなたがタグ付けされたコンテンツを確認する方法

インスタグラムは他のユーザー(未フォローでも)をタグ付けする事ができて、タグ付けされるとこちらへ通知がきます。

自分がタグ付けされたコンテンツがどんな物なのか?

気になりますよね?

そんな時はこちらから確認する事ができます。

【インスタグラムで自分がタグ付けされたコンテンツの確認方法】

  1. 人型アイコンをタップでプロフィール画面へ移動
  2. プロフィール画面内の中断にある①「四角に人型」マークをタップする。
    IMG_2112
  3. ②にあなたがタグ付けされたコンテンツが表示される。

インスタグラムでタグ付けされない方法

唯一できる手段は相手を「ブロック」することだけです。

タグ付けされたくない相手をブロックすることで、相手ユーザーからあなたのアカウントをタグ付けできなくなりますが、これまでのやり取りで既にタグ付けしているとそれはそのまま残ります。

どうしてもタグを削除したい場合、個別に削除操作することでタグ付けから解放されます。

インスタグラムの他のユーザーが付けた自分宛のタグを削除する方法

  1. 削除したいタグがついているコンテンツを表示する。
  2. タグのラベル(黒い吹きだしマーク)をタップする。
  3. 「あなたが写っている写真」メニューが出てくるので、「その他のオプション」をタップ
  4. 「写真から自分のタグを削除」をタップする。
  5. 「写真から自分のタグを削除」と確認画面が出てきたら「削除」をタップ

Instagramでハッシュタグの付け方【基本編】

同じ「タグ付け」でも、「ハッシュタグ付け」はやり方や意味が違います。

「ハッシュタグ」はネットで検索されやすいように付ける目印のようなもので、Instagramアプリを使っていないユーザーでも、ネットの検索で見つけることができるようになります。

ハッシュタグの付け方は簡単で、基本的には以下のとおりにやるだけです。

Instagramで基本のハッシュタグの付け方

半角で「#」+キーワード

これでハッシュタグとして使うことができます。

また連続でハッシュタグをいくつも関連付けるときは、「#〇〇〇」の右隣に半角で空白を入れてから次のハッシュタグをつける必要があります。

「タグ付け」に使える文字は半角文字の「#」だけで、類似文字で「♯(シャープ)」がありますが、ハッシュタグとして使うことはできないのでご注意です。

連続して関連ハッシュタグを付けるやり方

#〇〇〇+半角空白#〇〇〇

↓実際の表示ではこうです。

#〇〇〇 #〇〇〇

このパターンさえ覚えていれば、Instagramのキャプション(コンテンツの説明書き)部分に普通に30個までハッシュタグを付けることができます。

Instagramのハッシュタグ付け制限

普通にコンテンツを投稿するとき、1投稿につきハッシュタグは30個まで付けられます。

それ以上つけても自動で削除されたり、ただの文字としてしか表示されないので検索キーワードとしては引っかかりづらくなります。

ところが暫定利用可能な裏技として、60個までハッシュタグを付ける方法があります。

いつまで使えるかは分からないので、使えるうちに活用してくださいね。

Instagramで大量にハッシュタグを付ける方法(暫定利用)

裏技で60個までハッシュタグを付ける方法は次のやり方でできます。

  1. 写真・動画投稿するときにハッシュタグを付けずに投稿する。
  2. 先にコメント欄から30種個ハッシュタグ付けしておく
  3. 投稿したコンテンツの編集機能でハッシュタグを30種類追加

これをやると不思議と60個までハッシュタグがつけられるようです。

ただし暫定処置なので、今後のアップデートで使えなくなる可能性があります。

ところで1投稿につけられるハッシュタグの最大数はわかったけど、「1つのハッシュタグの文字数って何文字までだろう」って気になりませんか?

Instagramで1つのハッシュタグで使える文字数上限

これも不思議仕様でiOSとAndroidではクッキリ差が出ています。

文字入力に関してはAndroidユーザーは有利なようです。

【iPhoneなどのiOSの場合】

  • 半角文字 = 「#」+99文字まで
  • 全角文字 = 「#」+99文字まで

文字数オーバーして強行に投稿すると、ただの文字に変換されます。

ここで更に興味深いのが、Androidです。

【Androidの場合】

  • 半角文字 = 「#」+150文字まで
  • 全角文字 = 「#」+150文字まで

ええ、なんでAndroidだけ??????

使用端末によっては、全然違いますよね。

あ、ちなみに151文字目からは文字が削除された状態で投稿されます。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

シェアする

フォローする