シェアする

Facebookで検索しても相手にばれない理由【足あと機能】

※ おことわり

記事作成当時の状況と現状が異なる場合があり、必ずしもこの記事の内容が反映されるとは限りません。

1
スポンサーリンク

ネットで検索すると必ず「履歴」=足跡がどこかに残ります。

それは記録されている/いないにしろ、みんながとても気にしているところです。

Facebookにはmixiのような「足あと」機能はありませんが、実際のところどうなんでしょうか?

今回はFacebookを使っているとページ訪問した相手にバレたり通知されることがあるのか?について調べてみました。



スポンサーリンク



Facebookの足跡は現状非公開!情報を取られている事には要注意【暫定情報】

GAFAといったIT超人はネットでアクセスされた履歴をほぼ記録していることは間違いないと思います。

どういったことに利用するかはそれぞれ考え方が違いますが、間違いなく利用履歴(足あとを含む)はおさえているはずです。

もちろんFacebookも例外ではなく、記録はしているけど現状非公開…というのが一般的な見解ですよね。

Facebookに足あと機能がないと思われる理由

Facebookはもともと人の繋がりをネット上につくりあげようとした結果に過ぎません。

目的が人のつながりであるため、利用しない人にとっては無用の長物だしそもそも「足あと」という過去の履歴を利用するより、リアルな交流に重きを置いているのが特徴です。

登録している友だちは必ず何かしらの繋がりを持って結ばれている…という想定なので、そもそも利用価値としては低い位置にあると思います。

【Facebookに足あとが無いと思う理由】

  • ページ閲覧履歴が残らない
    「アクティビティログ」は残りますが、これは本人だけの行動履歴に過ぎずその他の友達には非公開です。後から削除もできますよ。
  • 自分も相手も訪問履歴が残らない・通知されない
    あくまで交流やリアルなやり取りなどが大事なSNSなので、過去の履歴にはあまり触れる機会が設けられていません。
  • 「知りあいかも」機能はただのAIリサーチ結果に過ぎない
    「知り合いかも」はFacebookが昔から付けている機能で、登録情報(住所・年齢・共通の友人の有無・所属コミュニティ・電話帳の連絡先)などから繋がれそうな可能性の高い人を表示しているにすぎないそうで、それがAIでより発展的になっているらしい…けどあくまで「…ひょっとして」レベル。

    【Facebookの「知り合いかも」に表示される基本の仕組み】
    ・共通の友達がいる人。
    ・同じFacebookグループに参加している人や同じ写真にタグ付けされている人。
    ・同じコミュニティ(学校、大学、職場など)に所属する人。
    ・アップロードした連絡先に登録されている人。
    ・ただしときどき、知らない人や、友達として追加したくない人が表示される場合があります。
                          出典:https://www.facebook.com/help/336320879782850

  • 名前検索しても相手には通知されない
    そもそも足あとが残らないしページ閲覧履歴が残らないシステムなので、誰が見ているかさえわからない恐ろしさもありますwしかも検索エンジンにも表示されるのでアカウント登録していない人にも見られちゃいます。
  • APIが非公開なので足あとツールすら存在できない
    Facebook運営側では把握できても、一般ユーザーにはそのデータを公表していないのでツールを開発することすら出来ません。
  • 自発的行動が求められるSNSだから
    「足あと」機能があるサイトは自分に興味を持った人を見つけたら、さらに交流しよう…という考えがあったように思えますが、Facebookはこちらから動かないといけないSNSです。受身では友達は増えないようになっています。

個人的見解ばかりでしたが、こういった理由からFacebookは使い方自体がこれまでの受身→能動的に動くSNSだから友達は自分から作りに行かないといけないSNSである…ということがわかります。

こんな所はさすがに欧米的発想で作られているなーと思います。



スポンサーリンク

Facebookオンラインステータスで相手の状況は通知される

ただし、Facebookにある機能の「オンラインステータス」は何も設定変更していないと、友達登録してある相手方にログインした瞬間に通知されてしまいます。

一見便利ですが、これがちょっとしたSNS疲れにつながる事もあるので使い方には注意が必要かも…です。

⇒ 詳しくは「Facebookログイン状況を隠すスイッチオフ」を読んでね!

Facebookグループにある「既読」機能で大雑把な行動はよめる

Facebookグループ内にある「メッセージ既読表示」機能で、グループメンバーが250人未満の場合に限り、グループ内の投稿を確認した時点で「○○人が既読」というリンクが表示されます。

そのリンクをたどって誰が既読状態なのかは確認できます。

ですが、あくまで友だち登録しているユーザー同士の行動履歴、しかもかなり大雑把なものしかわかりませんので、これが一般検索でたどれたとしても余計にわからないでしょう。(Facebookグループはアカウント登録者しか利用できません。)

Facebook非公認アプリ「My Top Fans」で友達の閲覧ランキングが見れる

スマホアプリにある「My Top Fans」では登録されている友達が、どのくらい自分の投稿を見たかの結果をランキング形式にできます。

これもあくまで登録済みの友達限定機能なのではっきりとした「足あと」にはほど遠く、一般検索でみられた場合には把握のしようがありません。

今回の記事で納得してもらえるとは思いませんが、実際のところどんなに検索してもページ閲覧しても「足あと」だ!と確実に思えるような通知や履歴は残りません。

あくまで推測するくらいしか出来ないシステムなので、今後これが変更されないことだけを祈るばかりです。



スポンサーリンク

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

シェアする

フォローする