こんちわっ!タップです。
Twitterアカウントを削除すると
30日後に復活が出来なくなります。

後からどうしてもあの内容を
もう一度みたいと思っても見る事は
できなくなるんです。

…というのは普通のやり方。
ネット上にあるサービスを使えば、
過去ツイートを見る事ができます!

 



スポンサーリンク

アカウント削除後でもTwitterの過去ツイートを見る3つの方法

今回紹介する方法は、
正式なサービスではありません。

いつサービスの変更や停止が
あるかも分かりません。

後で紹介しますが、どうしても
過去ツイートを見たい場合は
アカウントの削除前に自分の
ツイートを保存することをオススメ
します。

 

過去ツイートを見る方法ってある?

Twitterの過去ツイートを
見るのに一番手軽なのは
Frikaetter(フリカエッター)」です。

これだと過去のつぶやきを
一番最初から3,200ツイートまで
さかのぼって見る事ができます。

しかも古いツイートから表示
してくれるので、過去のつぶやきを
表示させるならこれだけで十分。

Twitter IDでログインすると
利用できます。
(連携サービスの一つ)

 



スポンサーリンク


 

全部の過去ツイートを見る方法

でも、どーしても全部のツイートを
見たい!

そんなワガママさんには、次の
サービスを利用していれば見る事が
できます。

 

1
過去ツイート保管所みたいなサービス

⇒ http://twilog.org/

 

直近200ツイート以内なら、
登録なしで検索/表示できます。

全てを見るには、登録する以外
方法がありません。

 

誰にも見られずネット上の履歴にも残さないで過去ツイを見たい

ツイログを利用する(登録)と、
その時からネット上に履歴が
残ります。

これは誰かが調べると見る事が
できるので、見られたくないツイート
も読まれてしまいます。

 

それが嫌ならやっぱりバックアップしか方法はありません。

Twitterに最初からあるシステムで
バックアップを取れば、いつでも
手元で過去ツイートを見る事が
できます。

⇒ 【バックアップ】Twitterの過去ツイートを保存する方法(基礎編)

 

ダウンロードすると、圧縮された形で
データを受け取ります。

ツイートを見るにはPCが必要です。

 

アカウントを削除する前に
バックアップしておけば、ネット上に
履歴が残る心配もありません。

猶予期間の30日を超えて残して
おきたいなら、ツイログを使って
おけばいつまでも見る事ができますね。

じゃ、まったねー。



スポンサーリンク

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る