こんちわっ!タップです。
嫌な相手から逃げるためにアカウント
名を変えたりすると安心?

そんなことをやろうとする人がいました。
はたしてコレって有効なのかどうか?
ちょっと気になったので調べてみました。

実はtwitterでは、去年2014年中旬頃
ある機能の仕様を変更したらしいです。

 



スポンサーリンク

快適?まだ足りない?Twitterで相手をブロックした後の表示のされ方について

twitterで相手をブロックすると相手の
ツイートが自分のタイムラインに
表示されなくなります。

あまりにもブロックされることが
多いアカウントは、凍結の恐れが
あるので注意が必要です。

 

一般ユーザーの使い方でありがち
なのが「ケンカ相手」や「嫌な人」を
避けるためにブロックする。

「これで当面は静かにtwitterを
使えるはずー♪」と思うでしょう。

ですが、それでも安心できないと
考える人はわざわざアカウント名を
変更する事もあるそうです。

実際これってどの程度相手から
逃げ切れるもんでしょうか?

 

相手をブロックするとどうなるか?

基本的にウザイと感じたら気軽に
やっちゃう人が多いようですが、
実際こんな感じでブロック相手との
間に距離ができます。

 

【相手をブロックするとこうなる】

  • ブロックした相手からフォロー
    されなくなる
  • こちらのツイートを見れなくなる
  • 自分をブロックした相手の
    プロフィールを見ると
    「ブロックされている」と通知される
  • ブロックしたアカウントはリスト化される

大雑把にはこんな感じです。

 

で、変更されてから追加された
機能として次のような結果がプラス
されたようです。

 

【新しく追加された機能】

もしあなたがあるアカウントを
ブロックした場合、相手の見た目の
変化については次の通りかわります。

  • あなたのフォローしている
    ユーザーが分からない
  • あなたのフォロワーが分からない
  • 写真、ビデオ、リスト、
    お気に入りが表示されない
  • ブロックした相手のリストに
    あなたのtwitterアカウントが
    追加されない
  • 画像にあなたをタグ付け
    できない

 



スポンサーリンク


 

ブロックした相手のツイートを見る事
はできますが、毎回「表示/非表示」の
確認がされます。

ただし、その画面で「表示」を
選んでもブロックが解除されることは
ありません。

 

相手からのDMも届かないので
快適ですが、必要な時にこちらの
都合で見たりできるようになったのは
いいですね。

 

困ったことに気がつかれやすくもなった

ブロックされた側が相手のアカウント
を見ると「(あなたが)ブロックされて
いるため、〇〇〇(ブロックした人の
アカウント)さんのツイートを見ること
はできません。」と表示されます。

この表示、前の仕様では表示
されなかったんです。

 

【以前のブロックされた側の見た目】

  • ブロックした人のツイートは
    見れた
  • フォロー、リツイート、お気に入り
    登録、リスト追加をすると
    「ブロックされています。」と
    表示が出た
  • ログアウトした状態では
    ブロックした相手のツイートを
    見れた

 

ですが、より現実を突きつける
仕様になり「傷つく人」続出かも
しれませんね。

 

 

twitterはオープンSNSといって、
誰でもツイート内容を見る事が
できるものです。

ぶっちゃけ、ツイートを見るだけなら
アカウントの登録すら必要ありません。

 

この仕様変更で、こちらの意思が
明確に伝わることになってしまいます。

これがトラブルの火種になるか、
正しい運用ルールになるかは
ユーザーの立場で違うと思います。

じゃ、まったねー。



スポンサーリンク

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る