シェアする

LINEがアップデートできない時の対処方法【iPhone/Android/パソコン】

※ おことわり

記事作成当時の状況と現状が異なる場合があり、必ずしもこの記事の内容が反映されるとは限りません。

eyecatch,アップデート、困った

今回は基本的なLINEアプリのアップデート方法を解説してみました。

ほとんどの操作は同じですが、OSや端末ごとの操作画面の出し方が違ったりするので、焦らずに操作画面を探し出して対処してください。



スポンサーリンク

LINEアップデートで最新版へ更新できない不具合への対処法

LINEアプリを使っている各OSやバージョンごとに操作方法は少し違いますが、基本的なやり方はだいたい一緒なので、今回解説している画面が出せなくても慌てないでくださいね。

【基本】LINEアプリのアップデート方法【iPhone編】

今回はLINEアプリのバージョン8.5.2で説明しています。

  1. LINEアプリを開いたら画面左上にある「設定(歯車ボタン)」をタップする
  2. 設定画面一覧の最下部にある「LINEについて」をタップ
  3. 「現在のバージョン」と「最新バージョン」が2つ表示されていたら「最新バージョン」をタップする
    ※現在最新の場合は「最新バージョン」は表示されない
  4. AppStoreのLINEページが開くのでLINEアプリアイコン右横の「アップデート」をタップでアプリがアップデートされる。
  5. しばらく放置
    (丸いアイコン型パラメーターがくるくる回って100%になるまで)
  6. 先ほどの「アップデート」ボタンが「開く」に変ったらアップデート終了。

iPhone版LINEアプリがアップデートできない時の対処法

iPhoneの各OSバージョンで違った症状が出たりしますが、基本的にはiOSとApp storeアプリのやり取りがきちんとできればアップデートできます。

【iOS11編】iPhoneのApp storeアプリの不具合の直し方
  1. 画面①のApp Storeの「アップデート」タブをタッする。
    更新
  2. App Store画面の最上部が表示されている状態で、画面を下にスライドさせる。
    ※ この操作でアップデート一覧が更新される。
  3. 最新のアプリのアップデート情報が読み込まれボタンが「開く」⇒「アップデート」ボタンに代わったらアップデートできる。

【iOS10編】iPhoneのApp storeアプリの不具合の直し方
  1. App Storeアプリを開く
  2. App Storeアプリ画面最下部にある「アップデート」部分を10回以上連続タップする。
    ※ 画面が一度白くなったらOK!
  3. App StoreアプリかiPhone本体が再起動する。
    ※ この操作をするとApp Storeアプリの旧データがリセットされる。
  4. 再起動後、「アップデート」ボタンが表示される。

この操作で正常にならないときは、App Storeアプリに表示されている他のアプリをアップデートさせてください。

他のアプリのアップデートにつられる形でLINEアプリもアップデートできるようになります。

【古いiOSユーザー編】iPhone端末かiOSのアップデートが必要な場合

LINEのアップデートが必要なときは、iPhoneのiOSもアップデートが必要なことが多いです。

どちらかというとiOSがアップデートしたから、それにLINEもあわせるためにアップデートした…ということがけっこうあります。

特に古いiOSを使い続けているユーザーは、なるべく早めにiOSのアップデートもしてください。

最新のiOSへアップデートする必要のある端末

こちらにあげているのは最初にiOS7が使われている端末です。

  • iPhone 5
  • iPhone 5C
  • iPhone 5s

この端末を使っているユーザーは、iOSのソフトウェア・アップデートをして、iPhoneが最新のiOSの状態にしてからLINEアプリのアップデートをしてくださいね。

次にあげる候補は、最新版LINEアプリが対応していないiPhoneです。

端末の買い替えが必要なiPhoneの候補

LINEの最新バージョンがアップデート非対応の端末は次のiPhoneです。

  • iPhone 4
  • iPhone 4S

この端末ではLINEの最新バージョンが使えないので、現状維持か端末の切り替えをしてください。

iOSのバージョンアップのやり方

iPhoneのソフトウェアバージョンアップはかなりの時間とデータ通信量が必要です。

なので、時間と電波に余裕があるときにおこなってくださいね。

できれば寝る前に操作しておけば、翌朝から快適に使えるはずですよ。

【iOSのソフトウェア・バージョンアップ方法】

  1. 「モバイル通信」ではなく電波の強いWi-Fiにつなぐ
  2. 「設定」アプリを開く
  3. 「一般」⇒「ソフトウェア・アップデート」⇒「アップデートを確認中」と出たら待つ
  4. アップデート情報画面に切り替わったら、画面最下部にある「ダウンロードとインストール」のリンクをタップ
    ios,ソフトウェアップデート
  5. 完了するまで放置



スポンサーリンク

【基本】LINEアプリのアップデート方法【Android編】

  1. グーグルプレイストアにアクセスする。
    ⇒ Google play storeへアクセス!
  2. LINEアプリのページに「アンインストール」と「更新」ボタンがあるので「更新」ボタンをタップ
  3. 確認画面が出てきて「同意する」ボタンがあるので、それをタップする
  4. ダウンロードとインストールが開始。終わるまでしばらく待つ。
  5. 先ほどの「更新」ボタンが「開く」にかわったら、アップデート終了

Andorid版LINEアプリがアップデートできない時の対処法

AndroidのOSとLINEアプリでもOSの方が主従の関係にあって、必ずOSを最新の状態にしてからでないと他のアプリが不具合を起こすものです。

なので、必ずLINEアプリなどをアップデートする前に最新のAndroidバージョンであるかどうか?確認して、ソフトウェア・アップデートの必要があればアップデートしてから各アプリをアップデートしてください。

Andoridのソフトウェア・アップデートのやり方
  1. Android端末の「設定」アプリを開く
  2. 「設定」画面最下部にある「端末情報」をタップ
  3. 「端末情報」画面の最上部に「ソフトウェアアップデート」のタブがあるので、そこをタップ
  4. 「ソフトウェアアップデート」画面にある「今すぐ更新」の部分をタップ

    対応不要:「アップデートの必要はありません。このままご利用ください
    対応必要:「インストール」の画面に切り替わる
  5. 「インストール」ボタンをタップし、しばらく放置

【基本】LINEアプリのアップデートのやり方【PC編】

PC版LINEアプリのアップデートは、アプリを起動した時にポップアップで教えてくれるので、このポップアップが出たらアップデートをします。

ポップアップ通知からアップデートする方法

  1. PC版LINEアプリを起動、ログインする。
  2. (アップデートが必要な場合)「アップデートしますか?」とポップアップでお知らせされる
  3. 「はい」とクリックして自動アップデートさせる

※ PC版LINEのアップデート通知はログインしていないと、ポップアップが出ません。

手動アップデート方法

  1. PC版LINEアプリを起動、ログインする。
  2. 起動画面の上にある「歯車マーク」をクリック
  3. 表示された画面から「LINE情報」をクリック
  4. LINEの現在のバージョンが表示され、右端に「今すぐアップデート」のボタンが表示される。
  5. 「今すぐアップデート」のボタンをクリックする。
  6. 「ダウンロードが完了しました。今すぐインストールしますか?」と出たら「確認」ボタンをクリックする
  7. PC版LINEが再起動されて最新バージョンで起動する。

PC版LINEアプリがアップデートできない時の対処法

たまに別の不具合が原因でLINEアプリにログインできない事があります。

その場合は、根本原因を見つけてからもう一度ログイン作業を行なってください。

PC版LINEアプリにログインできない原因
  • 常駐ソフトウェアによる起動差し止め
    例:ファイヤーウォールソフト、ウイルス除去系ソフトウェア、
  • PCに不具合でアプリが起動できない
    ⇒PCを再起動
  • 何をやってもダメな時の最終手段
    ⇒PC版LINEアプリの再インストール

エラーでアップデートできない場合の対処法

PC版LINEをアップデートしようと操作したら、次のメッセージが出て先に進めない事があります。

  • アップデートが中断されています。
  • アップデートのURL取得ができません。

原因は不明ですが、これはPC版LINEの再インストールで解決できるそうです。

この操作は、自動アップデートしているときにも起きる不具合なので、もし同じ様な不具合が出たら迷わず再インストールで対処してください。

※ アプリのアンインストールはPCの削除機能を使ったほうが安心して行なえます。

その他のアップデートできない不具合対処法

OSや端末に関係なく共通した不具合が有りますが、その場合の対処法はわりと簡単な場合が多いです。

電波が弱い

モバイル通信でアップデートをしようとすると、環境によっては上手くいかない事があります。

そんな時は電波の強い場所へ移動するか、Wi-Fiを使ってアップデートしてください。

たくさんのアプリをまとめてアップデートかけた

App storeアプリではアップデートに必要なアプリを「すべてアップデートする」便利な機能がありますが、これがたまにLINEアプリをすっ飛ばして他のアプリだけアップデートすることがあります。

そんな時は、一旦すべてのアップデートを止めて急いでアップデートさせたいアプリだけ個別にアップデートしてください。

アップデート↑個別にアップデートする

アカウント違い

LINEアプリをインストールしたときのAppleIDとは違うアカウントだとアップデートをすることができません。

一度、今使っているAppleIDからサインアウトして、インストールしたときに使っていたAppleIDでサインインしてからアップデートしてください。

端末の不具合

スマホを使ってると、ついバックグラウンドでアプリが動いているのを忘れていくつも起動して使ってしまっている場面があると思います。

そういう時はけっこうメモリやCPUを使っていたりするので、パワー不足になってしまいがちです。

もしアップデートなど重要な操作をする時には、バックグラウンドで使用していないアプリが動いていないか探して、動いていたら全て終わらせてからアップデートをしてください。

LINEのアップデートが出来ないバージョン

2018年8月8日以降、古いLINEを使っていたユーザーには残念なお知らせがされました。

これまで何とか使えていた旧バージョン(LINE 6.7.0未満)のユーザーは、LINEがそのままでは使えなくなってしまいました。

特にAndroidスマホユーザーのうち「らくらくスマートフォン」などの古い端末を使っている方は、アップデートしないとLINE自体が使用できなくなっています。

lineアップデート依頼

LINEアップデートのご案内
LINE 6.7.0より前のバージョンにおけるサービスを2018年8月8日に終了する予定です。LINEをアップデートしてください。

[再表示しない] [今はしない] [アップデート]

サポートされないくらいならまだ良かったのですが、使うことができなくなっているようなので、こちらの表示が出ているユーザーは早めに最新版LINEへアップデートしておいてくださいね。

※ Androidだけじゃなく、iPhoneユーザーにも8月27日から旧LINEアプリユーザー向けに表示されるようになっています。

もしアップデートのいくつかの方法を試しても無理な場合、端末が最新版LINEへ対応していない事が原因かもしれません。

ソノ場合、端末を新機種(LINEバージョン6.7.0以降)へ変更する必要があります。

今後もLINEを使い続けて生きたい人は、定期的にスマホ自体も対応端末へ変更していく必要性があります。



スポンサーリンク

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

シェアする

フォローする