こんちわっ!タップです。
フォローしようと思ってたアカウント
や気になるユーザーのツイートを
検索で調べても出てこない事が
ありました。
ハッシュタグでも出ません。

「なんで?」と気になり調べたら、
Twitterのシステムに原因が
ありました。

こんな理由で表示されなくなる
なんて…今後、自分が使う上でも
気をつけるヒントになるかも。

 



スポンサーリンク

ツイートやユーザー名が検索できないのはこんな理由があった!?

今回はTwitterの検索でつぶやきや
ユーザー名が出てこない不思議の
原因を調べてみました。

実は運営側が設定したシステムの
条件のせいで、検索に引っかから
ないようになってるんです。

 

検索に出てこない理由

  1. ド新規で作ったばかりのアカウント
  2. 登録メアドが間違っている
  3. あまり使っていないアカウント
  4. 非公開設定にしている
  5. 名前と自己紹介を入力していない
  6. 凍結されてるかも
  7. 相手が退会したかも
  8. アカウントに制限がかかっている
  9. ツイート日時が古過ぎる
  10. ハッシュタグのつけ方が
    間違っている

 

「1.」の作って間もないアカウントは
表示に時間がかかる
そうです。
だいたい1日以上経過しないと
反映されない
とか…

 

「2.」が厄介なのは、あるメール
システムはアドレスに大文字を
含めて登録ができる事。
でもTwitterのシステムでは許されて
いないそうです。

2つのシステム間でゆがみが出て、
メアドを一致させる事が出来ずに
上手くアカウントと同期できない事
があるそうです。

メアドは全て小文字で登録する事
に注意してください。

 

「3.」はつぶやきがあまりされて
いないと、運営のシステムが勝手に
使われていないアカウントとして
考えて凍結させることがあるとか。

なるべく定期的にツイート、
リツイート、@ツイートをして
ると
大丈夫らしいです。

いっそbot作って、1日1回程度は
自動つぶやきさせてメンテするっ
てのもありですね。

⇒ 自動つぶやきさせるbot(ボット)の作り方(準備中)

 

「9.」にも関係しますが、システムは
常に新しいツイートを優先している
…なので過去のツイートは探しづらいみたい。

 

「5.」空欄はもちろん1行程度、
100文字以下のテキストは評価が
低くなり上位表示に反映されにくい
そうです。

なるべくいろいろ書いてね。

 



スポンサーリンク


 

「7.」はTwitterの利用基準に
ひっかかった例。

例えばフォローし過ぎかツイートの
し過ぎ等で運営から一時ストップ
されている事が原因
かもしれません。

時間をおけば解決できますが、
詳しくはこちらの記事を参考に
してください。

⇒ Twitterでフォローできない時は規制に引っかかったから?
.

⇒ 【基準とルール】twitterアカウントが凍結される条件ってあるの?

 

「10.」はちょっとしたミスが原因。

#(ハッシュタグ)って前後に
半角スペースを入れないと反映
されない
そうです。

スペースが全角だったりすると
ますます上手く行かないとか…

 

なので#タグ付ける時は

・半角スペース+#+半角英数字or
日本語テキスト+半角スペース

例:「 #abcd 」

※ 鍵カッコはいりません。

 

もしくわ…

・半角左括弧+半角スペース+#
+半角英数字か日本語テキスト
+半角スペース+半角右括弧

例:「( #abcd )」

 

これを守りましょう。

⇒ 【公式】ハッシュタグの使い方について

 

2回同じハッシュタグ付ツイートを
投稿しても検索できない時は、
検索に出てくるまで待たされるとか…

ただしどんなケースでもフォロワー
宛にはちゃんと届いています。

一般的な検索結果に出てないだけ
で、時間がかかってるだけかも。

 

 

こんな理由で検索にひっかからない
事があるそうです。

つまりTwitterのシステムは
ユーザーの利用頻度をちゃんと
チェックしてるんです。

システムに制限されないためにも、
いろいろ対策が必要なんですね。

せっかく作ったアカウントが制限
されたりフォローされない自体を
防ぐために、上の事に注意しながら
つぶやいてみてね。

 

じゃ、まったねー。



スポンサーリンク

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る