こんちわっ!タップです。
「おっ、コレ良いじゃん!」ってツイート見つけたら、誰かに教えたくなりますよね?そんな時は「リツイート」機能を使ってフォロワーに情報共有すれば、友達へのネタ提供に一役かえます。

今回はリツイートに関する2つのやり方について解説します。



スポンサーリンク

上手くリツイートして情報拡散!あなたが話題の起爆剤になれるかも?

これまではシンプルな「リツイート」しかなかったのが、今年4月のアップデートで「コメント付きリツイート」が簡単にできるようになりました!

これはかなり画期的機能で、一つのネタでみんなでキャッキャ、ワハハできちゃう楽しい機能です。

iOS版からの対応でandoroidはちょっと待たされましたが、みんな上手い事使ってます。

 

リツイートでできる事

これまでリツイートする時はその文字数もカウント内に含まれていて、140文字-(マイナス)ネタ元の文字数でした。

これじゃー、伝えたい事がうまくコメントしづらくて大変でした。(おかげで国語力は鍛えられた気がするけど…)

この春のアップデートでは、リツイートネタ元の文字数はノーカウント扱いになり、117文字以内で自分のコメントに集中してツイートできるようになりました!(あれ?若干減ってるw)

やったー!

 



スポンサーリンク


 

リツイートってどうやるの?

今までとリツイートの仕方は同じですが、ちょっとメニューが変わりました。

まずは基本的な使い方を例に「リツイートの仕方」を見ていきます。

 

【リツイートのやり方基本】
  1. リツイートしたいテキスト部分をタップ
  2. 画像の①リツイートマークをタップScreenshot_1
  3. ②の「リツイート」か「引用リツイート」が選べるのでどちらかをタップ
    「リツイート」はただネタをシェアしたい時に使います。
  4. 「引用リツイート」を選ぶとコメントが入れられる
    Screenshot_2
  5. コメント入力後、「ツイート」ボタンをタップ

位置情報や画像を差し込むこともできます。

ネタ元に関連した追加画像や、友達に場所を教えてあげたい場合に役立ちそう。

 

今回はandroidで解説していますが、基本的にiOSでも変りません。

ネタ元に自分のコメントが簡単に入れられるようになって、さらに便利になったtwitter。

もっと楽しい情報のシェアができそうです。

じゃ、まったねー。



スポンサーリンク

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る