シェアする

Instagram投稿の仕方と出来ない時のやり方【ハッシュタグ使用解説付】

※ おことわり

記事作成当時の状況と現状が異なる場合があり、必ずしもこの記事の内容が反映されるとは限りません。

instagram7

Instagramは画像や動画の投稿専用SNSなので慣れれば簡単なんですが、初心者にとってはその使い方は特殊に見えます。(何でも始めはそうですがw)

今回はInstagramに画像や動画を投稿する基本のやり方を解説します。



スポンサーリンク

Instagram投稿方法とハッシュタグ使用方法とトラブル対策について

今回はiPhoneからコンテンツを投稿する基本のやり方をお見せします。

Androidも基本のやり方は同じなので、参考にされてください。

Instagramに投稿する方法とハッシュタグのつけ方

  1. Instagramを起動させる。
  2. 立ち上げた最初に表示される画面の最下部にある「+」ボタンをタップ。
    instagramspost
  3. スマホの画像・動画データを保存しているところから投稿したいコンテンツを選ぶ
    instagramspost2
    この画面に切り替わったら次の順に投稿を進めます。
    3-1.画面下部のコンテンツ一覧から投稿したいものを選んでタップ
    3-2.⑨「次へ」をタップする【画面の各ボタンの意味】
    ①保存データフォルダを選択できる
    ②投稿予定のコンテンツの拡大縮小表示
    ③Instagramのミニ動画機能で編集する(要インストール)
    ④Instagramの画像編集機能で編集する(要インストール)
    ⑤1回の投稿に複数画像を挿入する機能
    ⑥画像一覧の中からを投稿する
    ⑦スマホのカメラを使ってその場で撮影した画像を投稿する
    ⑧スマホのカメラを使ってその場で動画撮影したものを投稿する
    ⑨投稿操作の続きにうつる
  4. 次のページでInstagram機能の「フィルター」などで写真の加工をする。(しなくても進めることは可)編集が終わったら「次へ」をタップ。
  5. キャプション入力画面で写真の説明やハッシュタグを入力する。
    instagramspost3
    ハッシュタグの入力規則=入力欄に半角で「#」を入力した後で好きなキーワードや言葉を入力する。すると入力したキーワードと似た候補が下に表示される。
    ※ 独自に入力したハッシュタグがちゃんと利用できるかどうかは、投稿後にしか分からない。右側にある「投稿」の数が多ければ多い程よく使われているキーワードなので、それをハッシュ類入れていると閲覧数が多くなる可能性がある。
    最後に画面右上にある「OK」をタップすると投稿される。
  6. (必要ならつける)タグ付けしたいユーザーがいれば、「タグ付けする」をタップしユーザーネームを検索後に選択し「完了」をタップしてタグ付けできる。
    ※Instagramでの「タグ付け」は、コンテンツに関連したユーザーを選択して指定することで相手に通知したり関連付けて表示させる機能です。検索の対象にもなります。
  7. (必要ならつける)「位置情報を追加 >」でコンテンツに関連した位置情報をつけるかどうか選ぶ。
    地図からタグ付け:タップすると地図が表示されるのでスクロールしてタップするとそこの場所の情報がタグ付けされる。
    追加したい場所名や店名を検索:画面上部の検索窓に直接住所や店名・ランドマーク名などを入力すると位置情報がタグ付けすることもできる。
  8. (必要ならつける)シェアするかどうか選択する。
    スイッチ部分をタップすると共有設定している各SNSと連携して投稿をシェアできる。
    最下部にある「詳細設定 >」をタップするとコメントを受け付けるかどうかやFacebookに投稿するかどうかも選べる。
  9. 全ての設定が済んだら、画面右上にある「シェアする」をタップで投稿終了。
 
スポンサーリンク

Instagramの投稿を削除する方法

既に投稿している画像・動画を削除するのはとても簡単です。

  1. ホーム画面で投稿したコンテンツを表示させる。
  2. 投稿アカウントの右端にある「…」をタップする
    instagram4
  3. メニューが表示されるので、「削除する」をタップ
    ※メニュー内の「アーカイブする」を選ぶと、投稿から削除してデータをネット上のアカウント内に保存することができます。いつでも見られるし、再投稿もできます。
  4. 「投稿を削除しますか?」と出たら「削除する」をタップで削除OK
    instagram5

Instagramに投稿出来ないときの対処法

Instagramはネット上のサービスなので、上手く登校ができない事があります。

何が原因か?を個別に見てみるとだいたいの理由が分かるので対処の方法が思いつくものです。

【Instagramに投稿できない時の原因と対処法】



スポンサーリンク

  • 著作権違反で投稿できない
    特に動画投稿で音楽つきでの投稿をしようとすると、機械チェックを受けたあとでInstagram側で問題ないかどうか判断されますが、問題がある場合は投稿が許可されません。使用してもOKな著作権フリーの音楽を使うなど対策が必要です。
  • 動画の容量が大きすぎて投稿できない
    現在のInstagramでは自動で1分以内で収まるように再生する範囲を指定することで、このトラブルは回避できますが、万が一容量が大きすぎて投稿できないようなら次の私用に沿って編集しなおしてください。
    ・ファイルタイプ:.mp4または.mov(推奨)
    ・最大ファイルサイズ:4GB
    ・動画の長さ:最大60秒
    ・フレームレート: 最大30fps
  • Instagramアプリが古いバージョンで不安定
    アプリのバグや修正されていない障害が原因だったりするとアプリが不安定のまま使い続ける事になるので、アプリが不安定だなと感じたときにはアプリのバージョンが最新かどうか確認して、古ければアップデートして最新版で使用するようにしてください。
  • Instagramアプリ設定の「データ軽減モード」で使用している
    Instagramアプリには設定でデータ使用量を軽くしてくれるモードがあります。これがONのままだと、なかなか投稿が早く処理できません。
    【Instagramのデータ軽減モードをOFFにする】
    1.Instagramの画面最下部「人型」アイコンをタップ
    2.プロフィールページを表示して、画面右上にある「…」をタップ⇒「設定」画面へ移動
    3.「オプション」画面の「設定」欄にある「携帯ネットワークデータの使用 >」をタップ
    4.「データ使用量を軽減」のスイッチをタップしてOFFにする。
    instagram6
  • Instagramアプリを削除してみる
    アプリが不具合を起こして正常に動作しない事があります。一旦アプリ自体をアンインストール(削除)して、再インストールすることで正常な状態で使用する事ができることがあります。
    アンインストールする前には必ず必要情報をメモしてから作業を進めてください。
    ⇒ Instagramアプリをアンインストールする前に必要なこと
  • その他、スマホや使用環境が原因で投稿ができない時の対処法
    ⇒ Twitterで画像が送信できない原因と対処法
Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

シェアする

フォローする